<   2006年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Fruitopia

昔、家全体で愛飲していた「Fruitopia」という飲み物。
売れなかったらしくて1年足らずで見かけなくなったが、
万華鏡のような映像にエスニックな音楽のCMを流していたのを憶えている。

ふと思い立ち、検索をかけてみると、元は米国ミニッツメイドの製品であり、
その音楽はKateBushが担当していたことを知った。
自分の脳みそに何となく引っ掛かっていた訳が分かってすっきりした。

YouTubeで探したらあっさりCMの映像が見れて、
YouTubeのありがたみを知りました。

f0102719_15355389.jpg


右クリック→リンクを開く、で見れるはず。
日本でやってたのはこの「WhatIf」というバージョンとあともう一つくらいらしいけど、
他のも良い→  
[PR]
by haruopus | 2006-05-28 15:12 | 日常

円山茶寮

夜ご飯はT氏の取引先の偵察を兼ねて焼肉を食べに行き、
その後甘味を求めて「円山茶寮」というお店へ。
以前からお店の前を通るたび気になってソワソワしていたのだけど
通りから少し奥まった所にあるので様子が掴めなかったのと、
あまりにもご近所過ぎて何となく入りづらかった。
焼肉の後の甘味が食べたい気分に乗じて潜入。

おそらく皆の共有イメージとして存在する「おばあちゃん家」てこんな感じだろうな、的な
昔からある民家を改装したらしき店内には、
予想以上にお客さんが居て驚く。
外の人通りは常にまばらなのに、居るところには居るのだ。

沢山のメニューの中からクリーム白玉をいただく。
大きく盛られたアイスの下に、これまた気前良くたっぷりと餡子が詰まってて
お茶とたくあんでインターバルを置きながら食べた。f0102719_155506.jpg

漫画本も完備してあり、3人くらいで来て
それぞれ漫画に読み耽る人とか多かった。
12時までやってるので、夜お茶には最適のお店。
[PR]
by haruopus | 2006-05-27 21:00 | 札幌・北海道のお店

荒井注未遂

会社の方の車を借りて、家具を買いに行く。
以前、東京で新生活を始めた時に買ったソファは、
結局本来の目的を果たさず、物置きのままその短い生涯を終えられたので
今回はとにかく失敗しないように、デザインよりも座り心地を重視して
下見を重ねた。
結果、ある一つのソファが選ばれた。

背もたれが高いので首が心地良く収まるし、座面の奥行きもあるので足の座りも良い。
見た目は確かにアレだけど、人間中身さ、物は機能性さ。

よし!と意気込み、店員さんに購入する旨を伝えると
一般より背が高いので搬入の際には最低でも幅83cmは必要である
と告げられた。
そんなこと予想もしてなかったので、当然測ってきていない。
まぁ普通に考えてそのくらいはあるだろう、と配送をお願いした。
「やっとソファ買えたね良かったね」と帰ってきて、ふと家の入口の幅を測ってみる。

75cm。

8cmも足りない('A`)
どうしよう。もう窓から入れてもらうしかない。

※今週の読書
「県庁の星」 桂 望実
すぐ読み終わった。柴咲コウは何処?
[PR]
by haruopus | 2006-05-27 18:53 | 日常

サッポロファクトリー

サッポロビールの施設である「サッポロファクトリー」の中に、温泉施設があることを知り
行ってみる。このサッポロファクトリーには、先週も映画を観に来たのだけど、
その映画が気に入ったせいもありすこぶる印象が良い。

特に中心は大きなドーム状の吹き抜けになっていて、
そこで晴れた日にお茶をすれば温室の中でお茶するような気持ちに
なれるのではないか、と期待を込めて「NatureTrailCafe」でお茶。
でもこれって渋谷にあるお店じゃあ・・・ま、気にしないでおこう。

しつこくチーズケーキを所望。
もう義務と言うか脊椎反射レベルになってます。
サワーチーズとクリームチーズ(多分)を使用した
レアタイプ。今後は見境なくチーズケーキを頼むのはやめよう、と思った。

その後はスパ施設で温泉。
料金の割には設備が充実してなくて物足りない。
岩盤浴がしたかったので、今度は専門のお店に行こう。


※本日の読書
「ナラタージュ」 島本理生
読むのに1週間かかった('A`)
読みづらいわけじゃなくて、私が恋愛小説を読みつけてないせいだと思う。
f0102719_20571540.jpg
[PR]
by haruopus | 2006-05-21 13:00 | 札幌・北海道のお店

チーズケーキカフェ BuonoBuono

なんだかいい加減、吐く息がチーズ臭くなりそうで嫌なんですが。
近所にその名も「チーズケーキカフェ」と冠するお店があることを知り、
勇んで買いに行ってみました。
付近をぐるりと探し回り、小さなアパートの一部になってるのをようやく見つけて入ると、
外の人通りとは裏腹に店内満席。
評判の店なんだ、と期待を込めて数種類あるチーズケーキの中から
2つ選んで買ってきました。

一個目 ケーゼ
f0102719_13354331.jpg


ドイツ語でチーズ、というそのものなネーミングに相応しく、
とにかくチーズなんですよ!な味。レアタイプのため、
食感が求めているものとは違ったけど、
これはこれで美味しい。
土台の部分がすごく固くて、両手でフォーク持ってぐっさりやっても砕けなかった。

二個目 ニューヨークキャラメルチーズケーキ
f0102719_13381650.jpg


NYチーズケーキ、の名に心を躍らされるも、
午後の遅い時間だった為、プレーンタイプの方は売り切れ。
キャラメル好きなんで、別に良いけど。
で、やはりこれは名前の通り、少しもったりとした食感といい、
チーズのこっくり感といい、かなり理想に近い。
不満といえば、底のグラハムビスケットの味が少し薄い、
くらいのもの。
次は絶対プレーンタイプを買ってやる。
そして、旅を終えるのだ!


※本日の打ち間違い
部分→分部bb
b打ち過ぎ。
[PR]
by haruopus | 2006-05-14 19:00 | 札幌・北海道のお店

残骸

ベランダにて、先日切られた木の残骸を発見。
これは・・・確実に桜なのではないでしょうか?
北海道で桜といえば「エゾヤマザクラ」という種類が一般的で、
ソメイヨシノよりも濃いピンクが特徴だそうです。

木を切って何をするのかは不明ですが、他のお部屋の前に生えている
ソメイヨシノの小さな木は難を逃れたようで、今日見たら綺麗に咲いていました。
だから、尚更恨めしい('A`)f0102719_18124489.jpg
[PR]
by haruopus | 2006-05-12 12:00 | 日常

発見

池の傍に銃殺体が!
f0102719_135466.jpg


昨年12月からほぼ毎日ちみちみやってきて、
今日はじめてぺりお君に会えた。
嬉しくて、記念撮影。f0102719_1373567.jpg
ビックのポイント使って数百円で手に入れたのに、4ヶ月以上ずっと遊んでいる。
なんてお得なゲーム。






※本日の読書
「流しのしたの骨」 江國香織
以前読んだものの読み直し。
[PR]
by haruopus | 2006-05-11 09:00 | ゲーム

春の落胆

新しいお家は1階にある。
敬遠されがちな1階だけど、地に足ついてるような心地がして、けっこう気に入っている。
やっぱり高層マンションで育つと、フワフワした子供になるらしいよ。

で、ベランダに出ると庭があってそこに大きな木がある。
T氏が言うには「桜じゃないか」ということなのだけど、
葉っぱも生えてないし、信用してなかった。
しかし、ここ数日にょきにょきと葉っぱが生え、つぼみが色付いてきているのを見て、
私も「桜じゃないか」と期待し始めていた。
折しも札幌では開花宣言が出されたばかり。
我家で花見なんて素敵!と胸躍らされていたところ、
今朝カーテンを開けたT氏が叫んだ。

「桜が切られているΣ(゚д゚lll)」

その木があったはずの場所はぽっかりと空き、切り株だけが残っている。
もしかしたら桜じゃなかったのかもしれない。
でも私たちの中では、あれは桜だったのだ。
ひどいことするなぁ(つД`)ウエーン
[PR]
by haruopus | 2006-05-11 08:00 | 日常

MoulindelaGalette

自宅周辺で、まだ行ったことのないエリアを探索中に
可愛らしいパン屋さんを見つけた。
バゲット求めて入ってみると、レジの傍にケーキが置かれている。

チーズケーキ。
買う。

今週何個目のケーキであるか、ということは考えてはいけない。
f0102719_114538.jpg
いわゆるベイクドチーズケーキで、特に可もなく
不可もなく。今後ベイクド系は探索対象から
外すべきか、悩みどころ。
そもそもNYチーズケーキって、
定義が曖昧だものね。

ところでこのお店、「MoulindelaGalette」(焼き菓子小屋?)と言うのだけどバゲットを買ったらレシートに「ハード系」と書かれていてなんか気に入った。




※本日の読書
「陽気なギャングが地球を回す」 伊坂幸太郎
会話のテンポが好き。
[PR]
by haruopus | 2006-05-09 16:00 | 札幌・北海道のお店

歩いてる歩いてる

40分余りで行けることに気を良くしたT氏は、
今朝から会社まで歩くそうだ。
仕事の後ならまだしも、仕事の前に歩くなんて・・・(゚⊿゚)オツカレサン
今回の彼は、本気らしい。

私はといえば、隣駅エリアを念入りにうろつくのみ。
家から山が見えるのをいつも新鮮な気持ちで眺めているのだけど、
今日少し足を伸ばしてみたら、もうすぐそこに麓が迫る感じなので驚いた。

その後、なかなか硬派で良心的な品揃えの古本屋さんを発見。単行本を2冊買う。

お昼は最近見つけて気に入った「BURG」というドイツパン屋さんで、今日も買ってしまう。
バゲットを食べ出すと一人で一本完食してしまう持病があるので
ここの小さいバゲットは大変ありがたい。
[PR]
by haruopus | 2006-05-08 11:00 | 日常