カテゴリ:北海道観光( 92 )

すすきの氷祭り

f0102719_23141726.jpg
今年は雪祭り会場まで行く気力は
湧かなかったので、
すすきの氷祭りだけを見学。

ニッカウィスキーおじさん


f0102719_23163029.jpg
このマリンちゃんは前衛的で
好きだったので
特別に大きいサイズで。


f0102719_23173347.jpg
響バーは今年も素敵です。


f0102719_23184643.jpg
ノースサファリサッポロから
出張中のペンギン。


f0102719_23201635.jpg
このアイスバーの他にも
アウトドアショップ、カラオケ屋さん
ラジオ局(?)などがありました。

昨年に比べて気温が低いのか
溶けかかってる氷像もなく
綺麗でした。その分寒かったけど!
[PR]
by haruopus | 2008-02-08 20:30 | 北海道観光

円山動物園

f0102719_2125636.jpg
緊縮財政が言い渡された今月、
3連休といえども迂闊に遠出は出来ません。
ので、近所の円山動物園へ行ってみました。


ガルー、もしくはワラビー。


f0102719_2127597.jpg
その辺に落ちてる葉っぱでも
差し出されれば食べちゃう・・・
君には悪いことしたよごめんよ。


f0102719_21291097.jpg
冷え込んできやしたなぁ・・・


f0102719_21294444.jpg
あるだけで嬉しいビックリハウス。
中ってどんな風になってたっけ?


f0102719_21302845.jpg
頭~肩にかけてのラインが
家のネコを髣髴とさせて
きゅんとしました。


f0102719_21314958.jpg
マレーグマ。


f0102719_2132998.jpg
シロクマ。
シロクマってなんで首が長いんですか?


f0102719_21324283.jpg
ラマ。
シュライヒのフィギュアと同じ顔してるわ
と思った。


f0102719_21335258.jpg
つぶらな瞳が可愛いワニたち。


f0102719_2134352.jpg
何故か爬虫類館で飼われているコウモリ。


f0102719_21352887.jpg
本日のお持ち帰りしたいヤツ1位は君だ! m9(・∀・)


f0102719_21382583.jpg
キリンの顔を見ていると落ち着く。
長いまつげがたまらん・・・(;´Д`)


f0102719_21394721.jpg
ランタランタラン♪な顔してるバク。


f0102719_2142877.jpg
トラはちょっとお疲れっぽい。

話題もお客さんも旭山動物園に
奪われっぱなしの円山動物園ですが
一人600円でしっかり遊べます。
ただちょっと地味なだけで
動物園としてはかなり立派だと思います。
地元民としてはもっと応援せねば、と
思った次第です。
[PR]
by haruopus | 2007-10-07 13:00 | 北海道観光

帯広

f0102719_10291975.jpg
所用があって帯広へ。
のろのろと昼前に出たら
着く頃にはすっかり日暮れ時。
こんなオブジェがあったとは
前回来たときは気付きませんでした。
[PR]
by haruopus | 2007-09-29 17:00 | 北海道観光

知床・網走の旅 3日目 道の駅メルヘンの丘 めまんべつ

f0102719_1434557.jpg
帰りは又5,6時間かけて帰ります。
途中、大空町の道の駅でお昼。


f0102719_1443983.jpg
だそうです。
あっさりしてて美味しいラーメンでした。
[PR]
by haruopus | 2007-09-03 14:00 | 北海道観光

知床・網走の旅 3日目 網走監獄

f0102719_12355030.jpg
網走監獄への道をとぼとぼと。
建物に入るには鏡橋という橋を
渡らなければなりません。
蓮の花が綺麗に咲いています。


f0102719_12323497.jpg
そろそろ観念して収監されることにします。


f0102719_13204467.jpg
面会中。


f0102719_13225588.jpg
五翼放射状平屋舎房内。
中心から廊下が放射状に伸びており
中が見渡しやすくなっています。


f0102719_13312073.jpg
雑居房。
壁は木の柱がブラインド状に並んでおり
廊下からは中の様子が見えても
受刑者同士がお互いの姿を見ることは
難しくなっているようです。


f0102719_13441372.jpg
お食事中失礼。


f0102719_1356415.jpg
独居房。


f0102719_13452355.jpg
ドアにつけられた視察孔からの視界。


f0102719_13514157.jpg
お風呂場の脱衣場。


f0102719_13535040.jpg
懲罰房にて反省中。
[PR]
by haruopus | 2007-09-03 13:00 | 北海道観光

知床・網走の旅 3日目 移動、滝めぐり

f0102719_1151119.jpg
3日目の朝はホテル(知床第一ホテル、バイキングで有名)周辺のスポットを
2,3見て回ってから知床を後にすることにしました。

三段の滝。
一部しか写ってませんが。


f0102719_12155469.jpg
知床八景の一つ、オシンコシンの滝。


f0102719_12205975.jpg
サケ・マス遡上観覧施設にて
うじゃうじゃとたむろする魚群を見物。
紫色っぽいのがそうです。
ちょっと見る限りでは水の流れに漂うように
しているだけで、なかなか進もうとしないのですが
やるときはやるんでしょうか?


f0102719_12265817.jpg
知床を後にし、走っている途中。
足元のオレンジ色は全てにんじんです。
[PR]
by haruopus | 2007-09-03 10:30 | 北海道観光

知床・網走の旅 2日目 知床峠・羅臼

f0102719_1491491.jpg
知床八景の一つである知床峠を越え、
反対側の羅臼へと向かいます。

雲が目の前をぐいぐいと横切っていくのを
眺めていたら


f0102719_149475.jpg
頂上付近ではこんな具合に。
「知床峠」という看板以外
何も見えませんでした。


f0102719_1501274.jpg
羅臼到着。
河のそこかしこにサケガいますが
捕っては駄目なようです。


f0102719_1504922.jpg
国後島。


f0102719_1512060.jpg
日が暮れる前に
また峠を越えて戻らないと・・・


f0102719_1514964.jpg
夕日は知床八景のうちの一つ「夕日台」で
見るつもりでいましたが間に合わず。
途中の展望台にて。


f0102719_1523615.jpg
駈け足でしたが知床満喫しました。

もしT氏がCDを出すならこの写真(略
[PR]
by haruopus | 2007-09-02 16:00 | 北海道観光

知床・網走の旅 2日目 知床五湖

f0102719_0571186.jpg
ウトロから20分ほど車に乗り、知床五湖へ。
駐車場から、一番手前の一湖までは
すぐに歩くことが出来ます。


f0102719_122485.jpg
そのまま周りをぐるっと歩いて
二湖へ向かいます。


f0102719_15959.jpg
魚いるよー


f0102719_11004.jpg
鬱蒼とした森の中をしばらく進むと
二湖が出現。


f0102719_111511.jpg
ここで更に三湖へと進む人、
引き返す人とで道が分かれます。
私は迷わず引き返しましたが
ヒグマの出現状況によっては
全員ここまでしか入れないことも
あるようです。


f0102719_1145355.jpg
駐車場にあるレストハウスで一休み。
コケモモとハマナス?のソフトクリーム。


f0102719_1162727.jpg
帰り道、鹿に遭遇。


f0102719_1175029.jpg
早朝と夕方は遭遇率高いようです。


f0102719_1185080.jpg
はしゃぎすぎ。
ズームしすぎ。



今回私はこの知床五湖周辺でしか
エゾシカを見ることが出来ませんでしたが
目を凝らして見ていると森の中に
佇んでいたりして、湖までの行き帰りに
5,6回は見られました。
[PR]
by haruopus | 2007-09-02 14:00 | 北海道観光

知床・網走の旅 2日目 道の駅うとろ・シリエトク

f0102719_0372459.jpg
ウトロ港にあるゴジラ岩。
うん、ゴジラ。


f0102719_0393229.jpg
鹿の角売ってるヨー

いや?博物館て書いてある?


f0102719_0401979.jpg
道の駅「うとろ・シリエトク」にて
海鮮丼のお昼。
ウニー!ウニが出たぞー!

知床の語源であるシリエトクとは
地の果て、と言う意味だそうです。


f0102719_049371.jpg
全部のせ。


この道の駅は出来たばかりの建物のようで
綺麗でした。
お土産の種類も豊富。
[PR]
by haruopus | 2007-09-02 13:00 | 北海道観光

知床・網走の旅 2日目 知床観光船

f0102719_22544639.jpg
半島の先端、知床岬へは陸路で行くことが
できないので、船に乗って行きます。
(と前日知った)
道端に立っていた案内のお姉さんに
導かれるまま、ドルフィン号という
クルーザーに乗りました。

出発地点である漁港から見える
オロンコ岩。


f0102719_23101855.jpg
フレペの滝、通称乙女の涙。
ゆっくりと滝の近くまで行ってもらえましたが
船の左側に座ってしまったので
揺れる船の上で立ち上がり、腕を伸ばして
グラグラしながら撮りました。
デジカメ(←New!)の割にあまり
綺麗な写真が撮れてないのはその為デス。


f0102719_23152540.jpg
こちらは確か男の涙?と
呼ばれているそうです。


f0102719_23393752.jpg
アイヌ語で「神の水」という意味を持つ
カムイワッカの滝。
硫黄分が強く、人間には飲めない為
「これは神の水なのだろう」と
アイヌの人たちは思ったそうです。

滝の写真ばっかりなのは
他は岩とか岸壁とか、あとから見て
区別がつかない写真が多かったためです。


f0102719_23463518.jpg
カシュニの滝。
佇まいが気に入りました。

しかしほんとに滝ばっかりで・・・(-_-;)


f0102719_23522512.jpg
出航から約2時間、
ようやく岬に着きました。
小さく見えるのが灯台です。

良い天気でしたが
ゆらゆらと揺れる船の上から
写真を撮るのは至難の業でした。


f0102719_23575017.jpg
帰りはぐんぐんぐんと
スピードを出して帰ります。


f0102719_0194940.jpg
と、急に船長さんが「あ、いたっっ」と叫んで
スピードダウン。

ヒグマがいました。


f0102719_020969.jpg
わーわー言いながら3倍ズームで
撮ってみたりしましたが、船の揺れと
肉眼では確認できないほどの距離で
満足に撮れませんでした。

このルシャ湾と呼ばれる辺りは
ヒグマの出没率が高く
実は行きに通ったときもヒグマが
見られたのです。
しかし例によって豆粒のような
大きさでしか写真が撮れず・・・
これでもマシに撮れた方なのです。

このコースでのヒグマの遭遇率に関してはほとんど100%だそうなのですが
行き、帰り共に見ることが出来て嬉しかったです。

写真ではいまいち伝わりませんが北海道の底力を見た!という感じで
迫力のある景色が見られましたし、案内の人の説明も丁寧で、
乗って良かったと思いました。

ところで乗船前に「船の上は風が強くて寒いので長袖を」という
スタッフの方の説明を聞き流して五分袖のカーディガンを着ていた私は大変な目に。
どうなったかは・・・最近私に会った人ならお分かりかと思います。
言えば長袖のジャンパーを貸してくれるそうなので、必ず借りて下さい('A`)
あと、ヒグマウオッチングの為にも、是非とも双眼鏡のご用意を。
300円でレンタルできます。何故かロシア製でした。
[PR]
by haruopus | 2007-09-02 10:00 | 北海道観光