カテゴリ:北海道観光( 92 )

春花秋灯

f0102719_23285239.jpg
両親が札幌に来たので会食。
1日目は父の「色々食べられる所が良いでしょう」
という意見によりすすきのにある「春花秋灯」へ

後で来たT氏は新たに頼まれた
刺身盛をほとんど一人で食べる事に。
飲み会などで刺身を食べ慣れている
T氏ですが「ここのは美味しい」
と申しておりました。気配り。


f0102719_23292024.jpg
キンキ煮つけ。
比較的豊富に出回っている北海道でも
高級魚の部類に入ります。
お店でもちょっと頼むのに躊躇するので
今回食べられて嬉しいです。
[PR]
by haruopus | 2008-07-17 18:30 | 北海道観光

特急まりも

f0102719_22313751.jpg
多分阿寒行き。
[PR]
by haruopus | 2008-07-04 10:00 | 北海道観光

釧路・阿寒の旅 3日目 オンネトー

f0102719_15193763.jpg
2日目は阿寒湖畔にある
阿寒の森ホテル 花ゆう香」に宿泊。
お料理が評判良い宿らしく、
夕・朝食共に美味しかったです。

朝ごはんに名物阿寒シンプイを。
リンゴ味のゼリーの中に
まりもに見立てたゼリーが入っています。


f0102719_15143715.jpg
アイヌの人たちの営む民芸店が
並ぶアイヌコタンで買い物をし


f0102719_15171632.jpg
五色沼とも呼ばれる
オンネトーを見学。


f0102719_1518484.jpg
お天気が残念すぎて
分かりにくいですが、
一応3色くらいに分かれているのが
見えます。
[PR]
by haruopus | 2008-05-05 10:00 | 北海道観光

釧路・阿寒の旅 2日目 摩周湖、神の子池

f0102719_14551378.jpg
厚岸を後にし、摩周湖へ。


f0102719_14573386.jpg
霧がかかっていて湖面が見えないことも
多いと聞いていましたが
今回は大丈夫なようでした。


f0102719_14582085.jpg
屈斜路湖は車中から見ただけ。
大きかったです。


f0102719_1521052.jpg
最後は摩周湖からちょっと行った所にある
神の子池へ。
なんか普通の池だなぁと思いきや


f0102719_1542287.jpg
何やらとってもブルーな部分が。


f0102719_155473.jpg
摩周湖の伏流水が湧き出ているそうです。
夕暮れ時の薄暗い中、
ありがたいものを見た気分になりました。
[PR]
by haruopus | 2008-05-04 15:00 | 北海道観光

釧路・阿寒の旅 2日目 納沙布岬、厚岸

f0102719_14282990.jpg
釧路市内で宿泊し、
翌日は北海道の最東端
納沙布(のさっぷ)岬へ。


f0102719_14354264.jpg
「返せ 北方領土 納沙布岬」とあります。
根室に入ると、
やたらとこのキャッチコピーが
書かれた看板が目立ちました。
普段は意識に上りませんが、
やはり忘れてはいけませんな。
でも目にした看板の中には
「返せ!」と言いながらも
「良いよ良いよあげるよー」的
超笑顔な絵が描いてある看板
あったりして謎でした。


f0102719_1443984.jpg
本土最東端ののトイレ


f0102719_14434212.jpg
流氷TELEPHONEBOX
in納沙布岬


f0102719_14474218.jpg
戻る途中で鹿の群れがいたので
車を止めたら皆こっち見てきた。
まさに「こっち見んなw」状態。


f0102719_14493897.jpg
牡蠣で有名な厚岸の道の駅
「コンキリエ」にてカキフライ定食。
なんで生牡蠣食べなかったんだ・・・と
今になって思う。


f0102719_14515539.jpg
こんな感じで好きな食材を選んで
炉辺焼きにできるレストランも
ありました。
[PR]
by haruopus | 2008-05-04 10:00 | 北海道観光

釧路・阿寒の旅 1日目

f0102719_13515816.jpg
今年のGWは道東の方へ行ってみようと
思いました。
2週間前に駆け込んでも予約が取れるって素晴らしい。


f0102719_1301499.jpg
札幌を出発して6時間余りで
第一の目的地である釧路湿原に到着。
既に夕方です。


f0102719_13555648.jpg
釧路湿原でイメージ検索すると
「ここは日本ですか?」的な
緑の雄大な湿原の写真が出てくるかと
思いますが
時期を外すとこんな感じです。
見渡す限りの茶色・・・


f0102719_1425958.jpg
展望台を起点にぐるりと遊歩道を一周。
水鳥や動植物の生息地を保全する
ラムサール条約に登録されているとかで
タンチョウとかヤチボウズとか
見られるらしいのですが、
迫る夕闇に気が急いて
早足で通り抜けてしまいました。
[PR]
by haruopus | 2008-05-03 16:00 | 北海道観光

円山公園の桜

数日前に開花宣言のあった札幌ですが
その後すぐ風の強い日があり、けっこう散ってしまいました。
円山公園で見渡してみて、一番無事そうな木を撮影。
f0102719_1749446.jpg


桜の季節だけは切実に「やっぱ東京が良いよなァ」と思う。
千鳥ヶ淵とか、飯田橋~市ヶ谷間の外濠沿いとか、
その辺の商店街の桜でも良い。
ざーっと風に揺らされる枝を見上げたい。出来れば夜に。
f0102719_17514272.jpg


札幌に来て2年が経ちました。
来年はどこで桜を見る事になるのか、と思うと頭がぼーっとします。
[PR]
by haruopus | 2008-04-25 13:30 | 北海道観光

襟裳岬

f0102719_1835568.jpg
北海道の端っこ制覇
第何弾か忘れてしまいましたが
襟裳岬へ行ってきました。
途中の、むかわの道の駅にて
襟裳名産のつぶ貝丼。
てっきり生で出てくるものだと
思ってましたが、卵とじも
なかなかイケます。


f0102719_1836101.jpg
お天気良くないし、
なんかホテルも閑散としてるし・・・で
特に写真もないまま2日目、
目的の襟裳岬まで来ました。


f0102719_18361870.jpg
襟裳といえばやはり森進一の歌が
浮かぶかと思いますが、本当のところ
どうなんだろうと思ってたら
こんな記事を見つけました。


f0102719_18363128.jpg
実際に体験した感じでは
概ね上のリンク先と
大差ない何もなさ加減でした。


f0102719_18364065.jpg
でもだからって
これは開き直りすぎだと
思うんだ・・・


f0102719_183741.jpg
宿泊した浦河という辺りは
サラブレッドの産地で
有名なんだそうです。
季節柄、未来の競走馬が
沢山いました。


f0102719_1838651.jpg
大人と比較。


f0102719_1837495.jpg
平日とはいえどうも閑散としすぎている
と思っていたら、町内で
馬インフルエンザなるものが
発生していた模様。
体験乗馬などが中止となっていたとか。
人には感染しないみたいですが
・・・無事に大きくなれよ仔馬くん


f0102719_18381522.jpg
帰り際になって
お天気がよくなるってこと
ありますよね・・・
[PR]
by haruopus | 2008-04-11 11:35 | 北海道観光

網走2008 ニ日目

朝7時過ぎに起きてフロントに問い合わせるも
この日の砕氷船もやはり欠航。
もう、今回は良いよね・・・と諦めて二度寝。
f0102719_1845945.jpg
だって「オホーツク流氷館」に行けば
流氷見られるし。
別に泣いてないし。


f0102719_1872957.jpg
-18度に設定された室内で
濡れたタオルを振り回すと
こうなります。
湿度管理されているので
氷を触っても手が濡れません。
不思議。


f0102719_1891880.jpg
クリオネもいます。
動きが早くてまともに
写真が撮れません。


f0102719_18104026.jpg
空港までエリンギを送っていく道すがら
能取(ノトロ)岬に寄り道。


f0102719_18123946.jpg
寒々しい。
けど実際には風がすごくて
寒いというより痛い。
痛いというよりなんかもう楽しい。
「イ"エァァァ!」とか声にならない
叫びを上げながら写真撮ってました。
撮影というより格闘といったほうが
しっくりくるような状況で、
こんな中船に乗ったら確実に死ねる。
欠航して正解、とここにきてようやく納得。


f0102719_1815059.jpg
ひたすらに白い世界。


f0102719_18162022.jpg
銀河鉄道999の車掌さんでは
ありません。


f0102719_18171632.jpg
そんな訳で来年こそは、と心に誓って
「網走 2008」の旅を終えました。
[PR]
by haruopus | 2008-02-17 10:00 | 北海道観光

網走2008 一日目

エリンギと網走まで流氷を見に行ってきました。
・・・などと軽く書いてますが、実際にこの網走駅に行き着くまでには語るも涙の苦労がありました。
まず、朝9:00の飛行機に乗るべく、札幌は丘珠空港へと赴いたところ、
雪&風が酷いため全便欠航、と告げられる。一瞬頭が真っ白に。
(普通に生活してる感覚ではさほどの雪、風でもなかったため、乗れると思って疑ってませんでた)
エリンギはとうに出発済み。
本来だったら10:00には女満別空港にて落ち合える筈の所を
その場で9:40のJRに乗るか、18:00台の新千歳空港発の便に乗るか選択を迫られる。
どちらにせよ到着は午後になることが決定。
JRであればせめて15:00には着ける、と一縷の望みを託し札幌駅へ移動。
どうにか自由席を確保。
流氷見物のため「おーろら号」という砕氷船を12:00から予約していたので
その時間をずらせないかと問い合わせてみるもそちらも嵐のため全便欠航であることを知り、脱力。
前回訪れた記憶では網走周辺で一人で時間潰せそうな施設など無いし
エリンギ、5時間近くも放置しちゃってごめんよぉぉぉと
泣きそうになっていたらエリンギより
「網走から知床まで行く列車があったので飛び乗ってみました」
とのメールが。
あぁぁっぁぁ!だからエリンギ好きだよぉぉぉ!
とひとまず安堵して、札幌から5時間強JRに揺られてようやくやってきました網走。
f0102719_17163769.jpg
網走⇔知床を往復して、余った時間は
喫茶店で待っていてくれたそうです。
エリンギ、今回の旅の仲間が君で本当に良かった!!


f0102719_17404618.jpg
砕氷船にも乗れないし、ひとまず宿へ移動。
オホーツク渚亭」という宿です。
ここに決めたのは海沿いに建てられている為
あわよくば船に乗らずとも流氷が見られるかも?
との期待があったからなのですが
ここ数日の強風で、もっと東のほうへと
流されてしまったようです。残念。


f0102719_1746421.jpg
宿には温泉が無いので、網走湖畔のホテルの方へ
温泉に入りに行く。「網走湖荘」というホテルでしたが
別館が立ち寄りもできる温泉施設になっており
気軽に行けてお風呂も綺麗で良かったです。

帰り、網走湖の上がライトアップされているのを撮影。
事前情報で何かイベントがやっていると
聞いていたのですが
どこでやっていたのか分からずじまいでした。


f0102719_17502294.jpg
夕食はカニ尽くしコース。
タラバ、ズワイ、毛蟹のお造り、足、
天ぷら、焼き物、しゃぶしゃぶなど。
頑張りましたがズワイガニの足は
だいぶ残してしまいました。
タラバはやはり美味しかった。
写真のカニ君がまだ生きていて
威嚇してくるので恐怖でしたが
最後にはお味噌汁となって登場。
美味しくいただいたので安らかに眠ってくれ。


f0102719_1815126.jpg
ホテルの窓から。
本来ならここからライトアップされた
流氷が・・・などと未練がましく嘆きつつ、
明日への希望を胸に就寝。
[PR]
by haruopus | 2008-02-16 15:00 | 北海道観光