<< 網走2008 ニ日目 バレンタイン >>

網走2008 一日目

エリンギと網走まで流氷を見に行ってきました。
・・・などと軽く書いてますが、実際にこの網走駅に行き着くまでには語るも涙の苦労がありました。
まず、朝9:00の飛行機に乗るべく、札幌は丘珠空港へと赴いたところ、
雪&風が酷いため全便欠航、と告げられる。一瞬頭が真っ白に。
(普通に生活してる感覚ではさほどの雪、風でもなかったため、乗れると思って疑ってませんでた)
エリンギはとうに出発済み。
本来だったら10:00には女満別空港にて落ち合える筈の所を
その場で9:40のJRに乗るか、18:00台の新千歳空港発の便に乗るか選択を迫られる。
どちらにせよ到着は午後になることが決定。
JRであればせめて15:00には着ける、と一縷の望みを託し札幌駅へ移動。
どうにか自由席を確保。
流氷見物のため「おーろら号」という砕氷船を12:00から予約していたので
その時間をずらせないかと問い合わせてみるもそちらも嵐のため全便欠航であることを知り、脱力。
前回訪れた記憶では網走周辺で一人で時間潰せそうな施設など無いし
エリンギ、5時間近くも放置しちゃってごめんよぉぉぉと
泣きそうになっていたらエリンギより
「網走から知床まで行く列車があったので飛び乗ってみました」
とのメールが。
あぁぁっぁぁ!だからエリンギ好きだよぉぉぉ!
とひとまず安堵して、札幌から5時間強JRに揺られてようやくやってきました網走。
f0102719_17163769.jpg
網走⇔知床を往復して、余った時間は
喫茶店で待っていてくれたそうです。
エリンギ、今回の旅の仲間が君で本当に良かった!!


f0102719_17404618.jpg
砕氷船にも乗れないし、ひとまず宿へ移動。
オホーツク渚亭」という宿です。
ここに決めたのは海沿いに建てられている為
あわよくば船に乗らずとも流氷が見られるかも?
との期待があったからなのですが
ここ数日の強風で、もっと東のほうへと
流されてしまったようです。残念。


f0102719_1746421.jpg
宿には温泉が無いので、網走湖畔のホテルの方へ
温泉に入りに行く。「網走湖荘」というホテルでしたが
別館が立ち寄りもできる温泉施設になっており
気軽に行けてお風呂も綺麗で良かったです。

帰り、網走湖の上がライトアップされているのを撮影。
事前情報で何かイベントがやっていると
聞いていたのですが
どこでやっていたのか分からずじまいでした。


f0102719_17502294.jpg
夕食はカニ尽くしコース。
タラバ、ズワイ、毛蟹のお造り、足、
天ぷら、焼き物、しゃぶしゃぶなど。
頑張りましたがズワイガニの足は
だいぶ残してしまいました。
タラバはやはり美味しかった。
写真のカニ君がまだ生きていて
威嚇してくるので恐怖でしたが
最後にはお味噌汁となって登場。
美味しくいただいたので安らかに眠ってくれ。


f0102719_1815126.jpg
ホテルの窓から。
本来ならここからライトアップされた
流氷が・・・などと未練がましく嘆きつつ、
明日への希望を胸に就寝。
[PR]
by haruopus | 2008-02-16 15:00 | 北海道観光
<< 網走2008 ニ日目 バレンタイン >>