<< 帳尻合わせ 黙認する愛 ― リーメント「ご... >>

また夢のはなし

f0102719_18225657.jpg
汽車に乗って旅をしている。
ふと窓の外を見ると、
飼い猫のチョロが、一生懸命並走している。
当然のことながら、猫の足では遅れがちだ。
何故乗せてあげられないんだろう、と
やきもきしながら見守っていたが
とうとう鉄橋に差し掛かり、
猫の走れるような場所が無くなってしまう。
あぁ、と思って振り返ると、
彼は走るのを諦め、手を振っていた。
その姿がみるみる遠ざかる。

以上、最近もっとも悲しかった夢です。
[PR]
by haruopus | 2008-01-23 18:20 | 日常
<< 帳尻合わせ 黙認する愛 ― リーメント「ご... >>