<< 知床・網走の旅 2日目 道の駅... 知床・網走の旅 1日目 移動、... >>

知床・網走の旅 2日目 知床観光船

f0102719_22544639.jpg
半島の先端、知床岬へは陸路で行くことが
できないので、船に乗って行きます。
(と前日知った)
道端に立っていた案内のお姉さんに
導かれるまま、ドルフィン号という
クルーザーに乗りました。

出発地点である漁港から見える
オロンコ岩。


f0102719_23101855.jpg
フレペの滝、通称乙女の涙。
ゆっくりと滝の近くまで行ってもらえましたが
船の左側に座ってしまったので
揺れる船の上で立ち上がり、腕を伸ばして
グラグラしながら撮りました。
デジカメ(←New!)の割にあまり
綺麗な写真が撮れてないのはその為デス。


f0102719_23152540.jpg
こちらは確か男の涙?と
呼ばれているそうです。


f0102719_23393752.jpg
アイヌ語で「神の水」という意味を持つ
カムイワッカの滝。
硫黄分が強く、人間には飲めない為
「これは神の水なのだろう」と
アイヌの人たちは思ったそうです。

滝の写真ばっかりなのは
他は岩とか岸壁とか、あとから見て
区別がつかない写真が多かったためです。


f0102719_23463518.jpg
カシュニの滝。
佇まいが気に入りました。

しかしほんとに滝ばっかりで・・・(-_-;)


f0102719_23522512.jpg
出航から約2時間、
ようやく岬に着きました。
小さく見えるのが灯台です。

良い天気でしたが
ゆらゆらと揺れる船の上から
写真を撮るのは至難の業でした。


f0102719_23575017.jpg
帰りはぐんぐんぐんと
スピードを出して帰ります。


f0102719_0194940.jpg
と、急に船長さんが「あ、いたっっ」と叫んで
スピードダウン。

ヒグマがいました。


f0102719_020969.jpg
わーわー言いながら3倍ズームで
撮ってみたりしましたが、船の揺れと
肉眼では確認できないほどの距離で
満足に撮れませんでした。

このルシャ湾と呼ばれる辺りは
ヒグマの出没率が高く
実は行きに通ったときもヒグマが
見られたのです。
しかし例によって豆粒のような
大きさでしか写真が撮れず・・・
これでもマシに撮れた方なのです。

このコースでのヒグマの遭遇率に関してはほとんど100%だそうなのですが
行き、帰り共に見ることが出来て嬉しかったです。

写真ではいまいち伝わりませんが北海道の底力を見た!という感じで
迫力のある景色が見られましたし、案内の人の説明も丁寧で、
乗って良かったと思いました。

ところで乗船前に「船の上は風が強くて寒いので長袖を」という
スタッフの方の説明を聞き流して五分袖のカーディガンを着ていた私は大変な目に。
どうなったかは・・・最近私に会った人ならお分かりかと思います。
言えば長袖のジャンパーを貸してくれるそうなので、必ず借りて下さい('A`)
あと、ヒグマウオッチングの為にも、是非とも双眼鏡のご用意を。
300円でレンタルできます。何故かロシア製でした。
[PR]
by haruopus | 2007-09-02 10:00 | 北海道観光
<< 知床・網走の旅 2日目 道の駅... 知床・網走の旅 1日目 移動、... >>