<< BlueBleuet 取り扱い注意 >>

すっぽん料理

f0102719_22365498.jpg
父に連れられてすっぽんを食べに行きました。
はじめてです。

最初に出てきた血をワインで割ったものは
ほとんど飲めませんでしたが
(血というよりワインが飲めないもので)
生姜が添えられた肝と心臓は
美味しく食べられました。

それから、いよいよすっぽん鍋の登場。
塩味のみで味付けられた鍋には
長ねぎ、お麩、豆腐と、味を壊さない程度の
食材しか入っていません。
お麩、豆腐共に味が染み込んでいて美味しい。


メインのすっぽんは肉というよりほとんどゼラチン質。
黄色っぽい脂肪なども入っているんですが、
臭みが無くてコクのある上品な味でした。



f0102719_2239938.jpg
最後は雑炊。
4人でこの量じゃ食べきれないんじゃ、と
不安でしたがスルスルと入りました。
1匹950gのすっぽんを4人分で2匹、
全て平らげたということになります。
お店のご主人によれば、このくらいの大きさのものが
一番味が良いそうです。
育成に3年ほどかかるとか。

もう苦しくて食べられそうに無い、と挫けそうになっても
心の中で「コラーゲンコラーゲン」と呟けば不思議と食べられました。
効果の程は分かりませんが、心なしか目の下がふっくらしたような気がします。
病は気から気は心から。
[PR]
by haruopus | 2007-01-27 18:30 | 東京のお店
<< BlueBleuet 取り扱い注意 >>