<< ショック すすきの >>

バスに乗る

大学時代の先輩が、こちらで働いていると聞き、会いに行く。
隣町なのでバスで来れるよ、と言われてほんのり緊張しながら
バスに乗る。
晴れているせいか、窓から見える景色がうららかで好ましい。
余裕を持って家を出たら約束の時間より45分も早く着いてしまったので
児童会館のベンチで本を読んで時間を潰す。

何年ぶりかで会った先輩は、以前と全然印象が変わっておらず
ここ何日間かの物寂しさがだいぶ和らいだ。
カフェで、ジンギスカン定食をご馳走になり、1時間ほど喋って帰ってきたら
自分でも驚くほど元気になっていた。
お店の周辺にはリスも居るんだって。良いな見たいなリス。

※本日の読書
「バッテリー 3」 あさのあつこ
読み終わってしまうのが惜しい。
[PR]
by haruopus | 2006-04-25 14:00 | 日常
<< ショック すすきの >>